自分のスイングとプロのスイングを見比べてみると

自分のスイングとプロのスイングを見比べてみると

外出規制があり、なかなか思うように素振りしかできない日々を過ごしているとデータの解析をするのも一つの手かとおもい過去にプロにラウンドレッスンをしてもらった動画と自分のスイングを見比べると根本的な問題に気が付きました。
体の柔軟性や筋肉の付き方が一般人と違うので、マネするのは無理かなと思いつつもよく言われている下半身が動けていないの意味がだいぶ解ってきました。
練習場では足腰が回っているがラウンドでは回っていないと指摘されますが、動画を注意深く見ると腰は回っているけど尻は回っていない。つまり左足を軸にした回転運動ができないないことがよくわかりました。練習場では確かに地面が固いので踏ん張らずに左足を軸に回転運動をしていてハンドファーストを何とか維持していますが、ラウンドでは、滑らないように足に力が入っているため腰全体が回っていて(軸が腰の中心点)ハンドレイトでフェースが玉にあたっています。
結果、打球は上に上がるか左に飛ぶか、ひどいときは上に上がるスライスになるというわけです。
どうすれば治るのか、プロからさんざん言われていることを次のラウンドで実践することですね。私の場合は
・足の力を抜く
・踏ん張らない。
・前重心にならない。
・尻の筋肉にハリをもって力を入れる。
これを忘れずにいきますか。

zweisechs

コメントは受け付けていません。