ウォールコネクタの設置にあたり、家庭用の契約を何Aにするか悩みます。そこで契約Aとウォールコネクタの比較表を作りました。

ウォールコネクタ 契約A
ブレーカ 200V 100V
換算A
50A 60A 8kVA 10kVA 12kVA 14kVA
60A 48A 96A -46 -36 -16 4 24 44
50A 40A 80A -30 -20 0 20 40 50
40A 32A 64A -14 -4 16 36 56 66
30A 24A 48A 2 12 32 52 72 82
20A 16A 32A 18 28 48 68 88 98

上記表では、ウォールコネクタが充電時に使用するA値と契約Aの比較を表しております。例えば50Aの契約の人は、テスラの最小のブレーカ20Aでも200V16Aでは100V換算で32A消費するので、生活に使えるのが18Aです。この表では100V10A未満は生活上強い制約を受けるのではないかと思い。灰色にしています。10A以上20A未満の赤は、深夜にすればできるのでは?という意見をもらったので追加しました。また、20A以上30A未満もやりくりが必要となるのではないかと思い黄色にしています。まぁ10kVAの契約で200V40Aが調整しながら動かしてブレーカが落ちないレベルかと思います。これも生活の仕方ににより変わりますので、注意が必要です。
例えば、30Aのサービスブレーカであれば、10kVAに契約変更して、ブレーカ40Aのウォールコネクタの設定で問題ないですが、40Aのサービスブレーカの人であれば、10kVAの契約であれば、ブレーカ30Aのウォールコネクタの設定となるでしょう。つまり、従量電灯Bの契約の人で、60Aはかなり大きな電力を使えますが、テスラのウォールコネクタを利用するには明らかに電力不足となります。

業者別の見積りを以下にまとめました。

上記の比較表を見ると、ブレーカ30A WC24Aだと契約60Aでも結構きつい状況となります。我が家の場合、1階はサーバールームと会議室となりますので、夜間に限定すれば10Aも使わないのでこれが最小のコストとなります。
それでも、P社の見積りは税抜きで57,000円。唖然としますね。ちなみに、工事方法はP社もリ社も同じ方法をとります。外の電気メータの近くにブレーカを格納するボックスを設置して、ブレーカを移設する方法です。

次にブレーカ40A WC32Aですが、これは、P社の見積りは明らかに不可能です。生活用の電流が-4Aとなりますので、テスラモデル3側で出力を抑えて使うしかなくなり、まったく意味がありません。リ社が提案してきたのは10kVAに契約変更する案です。これなら生活に36A使えます。我が家は、日常サーバールームと会議室の電源をフルに使った場合30A弱の電流を使っていますので問題がありません。これが最適な提案でしょう。

最後にP社の見積りですが、75Aの契約にしてといわれて、違和感があったので色々調べましたが、おそらく、8kVAのことを言っているのか15kVAのことを言っているのか不適切な言い回しをしている方でしたので、よくわかりませんが、そもそも15kVAはオーバースペックですので、我が家では不要です。営業の方なので、知識がないのかもしませんが、違和感が非常にある言い回しでした。見積りの中身が着膨れしすぎなので、まぁ意味が分かりませんでした。

リ社の見積りは、こちらからお願いした案で、リ社曰く、現在の我が家の電気回線の限界が10kVAなので、それ以上にするのは大変な工事になるとのこと、では、10kVAで50Aのブレーカなら80Aなので、20Aの生活用の電流が使えるので会議室を使わないときに充電すれば問題ないので、お願いしました。最大のブレーカ60Aにするためにはを聞いたらWCのブレーカ50Aと60Aでは、使用できる電流は16Aしか変わらないので、容量にして1.6kwhの為に大規模な工事をする必要はないのでは?とのことでした。このリ社は技術力があり、内容も的確に説明できる人が調査に来たので助かりました。調査の人が実際の作業の方で、この方は何度も設置作業を行っているとのことでした。丁寧な作業をしていました。

ちなみに、P社さんには特殊作業費(高所作業)とありますが、一般的な定義はここに記載されています。リ社さんでは、2メートルの高さで作業をするのではなく、2メートルの位置に設置するので高所作業ではありませんとのこと。
P社さんは、2メートルの位置に設置するのに安全帯を利用した特殊作業をおこなうのでしょうから見てみたかったかもしれません。

P社さんの最後の違和感ですが、契約容量変更申請費これが35,000円とありますが、まぁよくわからない費用です。リ社さんは、EVの設置工事を行うと必ず東京電力に申請する必要があり、その手数料をいただいているとのこと、なので、契約Aを変更した手数料もここに入っているのだと思います。契約変更をしてもしなくてもこの費用は掛かるのでしょう。とはいえ、P社の35,000円とリ社の8,500円ですから、まぁ言い値ということでしょうかね。

テスラ社の営業さんは、業者間では争っているので、そんなに見積り金額が変わることはないとのことでしたが、この結果を伝えて驚いていました。見積もりが怪しいと思ったら、テスラに別の業者にお願いするのも一つの手かと思います。