岡部チサン 美里コース初挑戦!

さて、今日は岡部チサンの美里コースに挑戦してきました。
このコースは今レッスンを受けているプロから紹介してもらったコースで、距離があり戦略的なコースで、グリーンも難しく練習にはもってこいのコースとのこと。

スロープレーにならないように今日は写真はこの一枚だけ。まぁ。前が詰まったりするとバシャバシャとりますが、今日は快適でした。
このコースのチャンピオンティー(フルバックティー)は使用できませんでしたがブルーティーまでは利用できるので、今日は私は一人でブルーティーから攻めました。スコアは、初コースということもあり。危なく100超えてしまうところで、99でした。最後のホールはトリプルで100という際際で、ダボ99という・・・。やはりフルバックティーがあるコースは面白く作っていますね。

豪雨の鹿島の杜カントリークラブ

さて、今日は鹿島の杜カントリークラブに来ました!ここは自宅から130キロの距離にあるので、前泊しました・・・。前は朝4時に起きて130キロ走ってゴルフもできたのですが、車の運転は意外と神経を使っているので、最近は100キロ圏内にしていました。

このコースはとにかく距離が長い!チャンピオンティーで7730ヤード、バックティーでも7033ヤード。レギュラーで6505ヤードという超ロングなホールでした。最近は、バックティーでのプレーを許してもらえるコースでは、バックティーからやっていますが、今日は、さすがに距離が、長くさらに、豪雨だったのでスコアがまとまりませんでした・・・。

短いミドルホール?393ヤードが短いミドルホールですからね・・・。このラウンドはミドルホールで393から450ヤードくらいでした。ロングは600ヤード近いので、結構な距離です。ただ、プロがトーナメントで使うコースが6800ヤードから7200ヤードということなので、このくらいは余裕でできないと駄目なんでしょうね。

変なバンカーもあり、グリーンの周りには、池があったり、距離だけではなく戦略的な要素もありで楽しめました。後半は豪雨もあり、前の組も後ろの組もいなかったので、貸し切りでラウンドできた感じでした。
スコアは久しぶりに101をたたいてしまいましたが、グリーンが池になっているのでまぁ転がらないとか、そういった感じでした。

ラウンドレッスンはいつもの清澄ゴルフ倶楽部

さて、今日は1年ぶりのラウンドレッスンをしてもらいました。合計4回目になるのかしら。

清澄ゴルフ倶楽部というゴルフ場で、ここは接待にも使えるビジターOKのコースです。このコースは戦略的で、レギュラーでも6200ヤードバックティーで6800ヤードあるので、飛距離も十分なコースです。ほかのコースは90台で回れますが、このコースは下手すると100を超えてしまうときがあるので、緊張します。さて、今日の課題は、練習場だとできるのに、ラウンドだとできないのはなぜ?という疑問に対して、答えてもらいました。
当然ですが、言葉で表現するのはたやすいですが、体を動かすのは別です。従って、いくら情報を得ても実際に自分の状態とアドバイスが一致しているかも難しいです。
既にゴルフ始めて5年たちますが、ベストスコア85で平均90台です。一回しか80台が出ない理由が練習場ではできるけどラウンドではできないという違和感の解決で今日はそれを教えてもらいました。

まずプロが言うには地面の硬さが違う。
練習場は硬い。ラウンドはやらかい。確かに、練習場は地面が硬いので足で踏ん張らなくてもスイングできるので両腕に力入れて振ることが出来ます。
でも、ラウンドの地面は傾斜あり、芝の上なので、柔らかいです(滑りやすい)。ということは足が踏ん張るのでどうしても、腕の力が抜けます。これに気が付かなかったので、ラウンドでは飛距離は落ちるし、ここぞというときにミスが出ます。では、どうするか。腕に力を入れて無意識に力の入っている足腰を回すことでした。いわれたからすぐできるわけではなく、18ホールおかしくなるたびに指摘してもらえるので当然徐々に治っていきます。自分ではわからないこともラウンドレッスンでは常に指摘をうけるので、治せます。ただここで重要なことに気が付きました。4回目にして教えてもらった理由です。つまり最初のころにそれを指摘しても動けないんですよね・・・。体のバランスを崩すか変に力んでボールが明後日に行くとか・・・。ようするにさすがにプロなので、私の体力や柔軟性、積み重ねてきた経験をもとに、このタイミングでこれを教えるっていう具合に考えてくれているということでした。

お昼の風景です。ここでも、色々パターの打ち方や、コースの攻め方の食事しながら教えてもらいました。

IN9番

今日はアウトから回っていったので、IN9番で最後でした。IN9番になるとさすがに成果が表れてきて、ドライバーの飛距離から練習場とほぼ同じくらいの飛びに変わっていきました。
プロ曰くやっと形になってきたから、今年の目標は80台をアベレージにしましょうということでした。実は私の目標も今年は80台のアベレージですとは言えませんでしたが・・・。

マーベリック アイアン到着!

今日はつるや店長のご厚意により、今日の午前必着でマーベリックのアイアンセットが到着しました。
つるや店長さんは長年お世話になっていて、初代ブラックレガシーアイアンの時もそうでしたが、とにかく、ネットのどの店よりも値引きをしていただけるので懇意にさせていただいております。で、頼んだのが休日でしたので、入金確認後すぐに送付してもらえたので最短の本日の午前中に到着しました。

最近のアイアンセットは、飛び系アイアンといわれているみたいで、ロフトが今までのものとは違い角度が立っているそうです。
購入のきっかけは、レッスンプロとの会話で、ウェッジとドライバーは腰の位置までタメられるけど、どうしてもアイアンが辛い・・・。というと、ならカーボンにして、今の飛び系のアイアンにしてみては?と言われたので早速調べて出たばかりのマーベリックにしました。
このアイアンセット6番からPWまでの5本が標準のセットで、今までのように、5番からではないのです。1クラブ前にシフトした形ですね。PWが41度でAWは46度なんです。ブラックレガシーがPW45度でしたので、ちょうどクラブ一本分の間ができるんですね。

ちなみに、プロ曰く重すぎるアイアンだと振り切れないからカーボンでも良いと思うよと言われました。スチールの方がトレーニングになるのでは?と聞くと、いや、そもそも振れないのにスチールにする意味はないのでは?とのこと。私がゴルフ始めたころは42歳でスポーツなにもしたことない人なので筋力も体力もそのレベルなのに、中空フレームだとかマッスルバックだとか、プロもすでに使わないようなアイアンを使っていました・・・。
カーボンシャフト飛び系アイアンの効果は、絶大でした。良くネットで、男性はスチールの方がとか、体格が良い人はスチールとかありますが、そもそも、ヘッドスピードも42m/sぐらいしか出ないので、プロが使うようなヘッドやシャフトはまぁ無理だったというのが結論でした。

試してみると、AWでは軽く110ヤードくらい。PWで120ヤードくらい。7番アイアンで150ヤードなので、スチールシャフトを使うより20ヤードは伸びて、ちょっと笑いが出ました。スチールの場合、7番アイアンで良くて140ヤード平均130ヤード(Game Golf LiveのGPSで測った距離)なのに、マーベリックでは真ん中の150ヤードのグリーンに簡単にオンする感じ。しかも、打ちそこなったっと思っても、そこそこ距離は出るので、かなりいい感じのクラブに思えました。

去年は初の80台をだしましたが、残念ながらそれ以降は90台の前半から後半を行き来している状況です。2打でグリーンオンを目指し、今の3オン2パットたまに1パットでパーから、2オンで必ずパーを目指すに変えていきたいく良いパートナーを見つけた感じでした。

PGM 総丘カントリー倶楽部

本年第二回目の部活。PGM 総丘カントリー倶楽部に来ました!この近くにマザー牧場があるので千葉でも相当奥地のゴルフ場に来ました。
PGMのコースは意外と戦略性があり面白いコースが多いみたいですね。

こんな感じのコースやアンジュレーションが結構あり、ねらい目しっかりしないときつい感じでした。昨日レッスンで最近の不調の原因を取り除いてもらったので今日は絶好調でした!

ニアピンバーディーチャンス!当然バーディー!最後の方のコースで17ホールだっけか、えぐいホールがあって、200ヤードキャリーで飛ばすか、カート道にうまく落とさないとOB。とはいえ、昨日から絶不調を取り除いてもらったので(距離を出そうと頭を動かしていたらしく、意識的に動かすのやめたらコントロールショットと飛距離が戻った。。。)まぁそんなわけでこのコースは94で回りました。早く90切らないと。。。

本年度打ち始めは社内部活

本年度の打ち始めは社内部活で、「千葉桜の里ゴルフクラブ」に行ってきました!
ここのコースはアコーディアなので詰め込みすぎの感じかどうか悩みましたが、社内ゴルフは基本低価格路線(自腹の自由人たちはいくらでも良いのですが・・・)にしているのでしかたないかなぁって感じでしたが、オフシーズンなこともあり、意外とスムーズな進行でした。

このコースの印象は、IPフラッグまでは確かに、落とし場所がないので、バックティーやフルバックから打てば難易度は上がるのでしょうが、レギュラーティーから打つには特に難しさは感じないラウンドでした。

一見難しそうに見えるのですが、レギュラーティーからだとほぼIPフラッグ目標で打てば、トラブルショットに見舞われることもありませんでした。

こんな感じで、だいたい簡単にできていました。プロに色々話を聞くと「馬の背」といわれているコースが非常に難しく、普通のコースは斜面がどちらかにある設計になっているので斜面方向に打てば戻ってくるからミスしやすい方向に斜面を持って来ればOBは少ないとのこと、このコースもどちらかに斜面があったので確かに簡単でした。

ツーオンワンピン以内!で三パット・・・まぁパット練習していないので一ラウンド38~42なのでこれを36以内にするだけでも目標スコアになるのですけどねー。

岡部チサンカントリークラブ 初挑戦

さて、今日は、岡部チサンカントリークラブでプレーしました。
昨日のブログでも書きましたが、朝7時7分ラウンド開始。まぁ早めということで、近くで前泊してきました。
このコースは、レッスンプロから、ハンディキャップをとるには、そこそこの難易度なので、ちょうどいいのでは?という話で会員権を買うかどうかを判断するために来ました。

OUT1番ホール

全体的に見てOUTは狭くアンジュレーションの多いホールが多く、打ち上げや打ち下ろしが多いコースとなっていました。

このホール結構な打ち上げですり鉢状のグリーンだったので乗せるのが結構難しかった。しかも冬はグリーンが凍るので、止まらないのも計算に入れないといけないわけです。

インコースは写真撮らなかったのですが、ロングの広いコースが多く、INコースと比べて距離が長いので、パワーを要求されるのかなぁって感じでした。
総合的にコースは面白いのですが、ここも結構詰め込んでいるので、待ちが発生るケースもありました。

テスラモデル3納車後即スリーハンドレッド クラブ初参戦

さて、今日は早起きして、スリーハンドレッドクラブ初参戦しました!
このコースは名門中の名門の超名門コースで、300人しか会員がいないというスペシャルなコース。
の前に、納車後すぐのテスラモデル3で行ったのですが、キャリブレーションはたぶん、東名の途中で終了していたから20キロくらいでした。期待のオートパイロット試しました!実際に乗って試さない限りわからないですが勝手に運転してくれている感が強い。まぁ日本車が追いつくのには6年かかるといわれているが、6年後にはテスラはもっとすごいことが出来ていると思うと日本の将来は・・・と思いますが、まぁなんでもそうですが、業界に携わるユーザを除くすべての人が責任をおうことですから、まぁ頑張ってください私は日本車には乗りません位ですかね、いえるのは。
さて、話を戻して、スリーハンドレッドクラブのクラブハウス

クラブハウス

意外とシンプルな作りです。豪華というわけでもなく、なんか限定された大人の遊び場所みたいなイメージですね。コースも色々なコースがあり

OUT 1番ホール狭い・・・

OUT 1番狭かった・・・。このホールはめちゃ狭く、フェアウェイに落とすのが精いっぱい。そんなコースでした。

また、このコースはめちゃ広く・・・。ほかにアンジュレーションがすごいコースとか、

なんだろな。歩きで回るコースは川奈 富士コース以来(キャディーさんによる手引きです)ですが、このコースは「色々楽しい」はしゃげる場所って感じですね。グリーンは超難しく、3パット当たり前のようなコースでした。

帰りもテスラモデル3でオートパイロット全開でした。このオートパイロットは運転している人や、乗っているひとから言わせると、高速道路においては、人間が運転するよりうまいです。加速、減速、割り込まれ時の減速、渋滞ゾーンへ入るときの減速。いままでの車のアダプティブクルーズコントロールは怖くなってブレーキを踏むことが多かったのですが、これは、すごい。まぁゴルフ帰りの運転は疲れているので、こういう車の方が私にはあっていますね。早く日本でも高速道路自動運転の許可を出してほしいですが、まぁ日本産の車ができるまではお預けということなので、待ちますか。世界一のカタログスペック番長の日本車ができるようになるのは、いつのことやら。

帰ってきた後、充電開始。往復120+40キロでしたので80パーセントの充電量から50パーセントくらいに減っていました。概算ですが、30パーセントで160キロってことは、100パーセントで533キロなるほど、まぁカタログスペックは出るということですかね。初の充電開始しました。

リ社さんが工事してくれた通り、200V40Aで充電中。まぁ4時間55分かかると。8時間あれば、80パーセントくらいは充電できそうなので、良い感じですね。
1時間で49km走れるそうなので、まぁ10時間で490キロということですかね。

戸田パブリック ここは違う世界かしら

さて、今日は戸田パブリックに来たのですが、久しぶりに着てちょっとびっくりしました。台風の影響で錦が原も結構な被害を受けていましたが、戸田も結構な影響を受けていました。

沼地に倒木

このような雰囲気でちょっとゴルフを楽しむという感じではなかったですね。

どろどろ

こんな状況だとうまくスイングができない。プロに言わせたら、これでも打てないと駄目といわれるかと思ったけど、すべてがイレギュラーな打ち方をすると変な癖がつくのでやめた方が良いとのこと。なるほど。やはり、フェアウェイから打つのが通常の打ち方で、それ以外はイレギュラーなので、打ち方を変える・・・。確かにラウンド中そんなことばかりしていたらおかしくなる。しばらく河川敷のコースはやめて、別のコースにいきますか・・・

KUROKAGE XD シャフト交換!

今日は、休日出勤!その後はゴルフのドライブレンジで練習。さて、昨日すでに届いたKUROKAGE XDと付け替えて、練習した。さすがにKUROKAGE Silver から付け替えただけなので、違和感があまりなかったんですが、手元調子のSシャフトはなかなか良い感じにしなる。もともとのKUROKAGEはアメリカ製のSシャフトなので、硬い感じが強かったんですけど、今回は日本シャフトのSなので、インパクトで力いっぱいたたくとドローする感じ。とはいえ、打感としなりが意外と打ちやすくてこれは実は自分に合っているシャフトではないか!と感じています。まぁ次のラウンドでその成果が出ることを期待して練習に励むとしますか。