このOSMO Mobile3はOSMO Pocketの欠点を補うために買った。
何が欠点かというと、ズーム機能がない。これは動画を撮る上では意外と致命的で小さくした分犠牲になった機能を補っている。

OSMOMobile3

ただ、こちらは欠点が重さ。Pocketより重いので女性は嫌がる。とはいえ、スマホのズーム機能が使える上に手振れがほぼ発生しないので、動画を撮るときには重宝する。このように持ち運びの時はコンパクトに折りたためる。

このOSMO Mobile3にはアクティブトラックシステムがあり、この機能は被写体を追尾してくれる。この機能を利用してドローンなどの撮影が楽になった。設定しておけば勝手に追尾してくれる。
最近のDJIは色々な機材を世の中に出してくるのでわくわくする。

設定はいたって簡単でDJIのアプリをインストールし、本体の電源を入れてスマホのアプリを立ち上げれば勝手に連動してくれる。
年々進化を感じるところである。

撮影スタイル

撮影するときはこの形態になり、スマホと連携して動作する。
このようなスマホを設置して撮影するタイプでは、スマホの性能が画質となるが基本iPhone7位から特に気にならないくらい進化している。この組み合わせでも十分に使える。

ドローンを撮影するときは、三脚に固定して、後はアクティブトラック機能を使う。OSMO Pocketにはねじ穴がないので三脚固定するにはオプションを購入する必要があるのと、明確にアクティブトラックを使うならスマホと連携させた方が正確に設定できる等、OSMO Pocketでやるくらいなら最初からOSOMO Mobile3にスマホを付けた方が手間が無くてすむ。このように得手不得手があると感じる。