テスラモデル3 宿泊のロングドライブ第四日目

今日はイレギュラーの連続です。
まず、宿泊した宿の仲居さんに紹介された場所に行きました。

ラコリーナ 近江八幡
ここはとにかく広いですね。バームクーヘンやらカステラやらおいしいお菓子がいっぱいありました。
焼きたてのバームクーヘンもあり・・・。写真撮っていないですが。
そして近くに信長の館みたいなものがあるのを思い出して、行ってみました。
ここは10年くらい前に来たことがあったので、ざっと中をみて、帰ろうとしたところ、もしかして安土城ってこのちかくじゃない?って話になって、前回は雨だったので行かなかったのですが、今回も降りそうだったのですが、気合入れて安土城登りました!
入館料700円です。最初は結構なめてました。まぁ大手通りだけ登れば後は楽かと思っていましたが、そんなことはなく、汗だくとなり、登り切りました。

昔は、琵琶湖まで湖が続いていたらしいです。今は陸が出ていますが、地形がだいぶ変わったみたいですね。この絶景を見た後帰りました。
これから東京まで帰るのに、1時間以上山道を歩くという・・・・。

そして、最後の充電場所、名古屋SC(名城SC)で充電中。
土砂降りの雨でした。ここでは東京まで帰れればよいので80%の充電で終了しました。396キロ。目的地まで364キロなので、まぁ最悪、御殿場で入れればよいかてきな。
本当に適当になってきましたね。
東京到着時は5%の残量でしたが、到達できました。ただ、今回テスラナビのバグなのか仕様なのか高速を途中で降ろされて、混んでいる道を優先され、さらに途中でエラーになってしまいました。通信表示がLTEではなく3G表示になると通信がおかしくなるみたいで、交通情報が不適切になりました。おかげで40分は到着時刻が遅くなりました。
全く不慣れな街なので、ナビがないとダメなのですが、仕方なく近くの御殿場SCを目的地に入れたら検索されました。東京はだめです。
今回の旅では新規にSC巡りで京都SC、大阪SC、岐阜羽鳥SC、名古屋(名城SC)と制覇しました。

テスラモデル3 宿泊のロングドライブ第三日目

さて、今日の目的は伊勢神宮で参拝すること。
内宮神楽殿で御神楽の祈祷をしてもらいました。チャイナウィルスの影響で、祈祷を申し込んだときは私たちしかいなかったのであの広い神楽殿が貸し切り状態・・・。いやーすごいわ。あの広さに二人だけ、宮司さんや巫女さんやら10名近く出てきて・・・祈祷してもらいました。二人のためだけに・・・。
祈祷終了後、参拝しました。

参拝終了後、滋賀もSCがないので、岐阜羽鳥SCによりました。

岐阜羽鳥SCでは、次の目的地が滋賀なので、目的地がいろいろ変化すると足りなくなるかなぁと思い、昼食しながら90%充電を行いました。

写真取れませんでしたが、雨合羽来ている「ひこにゃん」に会うことでき、彦根城を堪能しました。
明日は東京に戻りますが、タイミングみて、どこかのSCに寄ってから帰るつもりです。

テスラモデル3 宿泊のロングドライブ第二日目

さて、2日目は伊勢に行く予定ですが、京都SCか大阪SCのどちらかで充電してから伊勢に向かおうと思いました。京都SCは昨日行ったので今日は大阪SCに行きました。

伊勢にはSCがないので、三日目の滋賀に行く余力を持たせるために90%まで充電をしました。そのため、30分と今までで一番長かったのですが、時間をつぶす場所が解らず車の中にいました。トイレは、ファミマを利用しましたが、最初どこにあるかわからずにセブンイレブンに行ってしまいトイレがないといわれてしまいました。これは注意事項ですね。

ZEPS3を契約してから一度も一度も使ったのことがなかったのと、伊勢にはSCがないのでちょっとだけ充電しました。
9分くらいで止めたつもりでしたが、10分を10秒となりました。しかし、一回分の請求でした。HPには10分1秒から2回目を課金と書いてありましたが、最初の準備段階からカウントされていたので、その分がどうなっているのやら。充電開始からカウントではなく、認証後カウント開始なのかよくわかりませんでした。ここでは7.7kWhの充電です。これが500円は高いなぁと。モデル3では約50キロ分ですね。

伊勢神宮外宮を参拝してから今日は雨が降ってきたので早めに宿に行きました。
3日目は滋賀を目指します。

テスラモデル3 宿泊のロングドライブ第一日目

大体テスラモデル3のロングドライブの一回の充電で走れる限界が解ったので充電計画も目的地で自由に動けるためにはどうすればよいかで、計画を試してみました。
最初の目的地は奈良ですが、東京から奈良までエコ運転で行けば十分到達できますが、新東名には120キロ区間があるので爆走すると到達できなくなります。
なので、朝食のために浜松SCを利用することにしました。

浜松SCにつく前に虹がきれいでしたので、撮影しました。
さて、浜松SCは二度目ですが、下りの場合は、SAから出て、SAの外にあります。

朝ごはんとトイレなので、20分弱の充電ですが、今回は何パーセントまでという感じではなくこれだけ入れておけば大丈夫じゃね?くらいのアバウトな感じです。全く参考にならないとおもいますが、90%で430キロ。80%で396キロくらい走るのでそれをベースにざっくり計算しています。
とりあえず、これで、奈良まで行けるので、十分な充電量ですが、京都のSCを見てみたかったので、京都SCへ向かいしました。

京都SCです。このタイプのSCは64kWhしか出ないので、時間がかかりますが、まぁ良い経験でした。
ここでもトイレ休憩分しか入れていません。テスラのSCは20%から80%くらいが高速に充電できて後は、遅くなるのでその間で充電すれば10分から20分で充電が終わるので、SCの占有も長くせずに、効率よく移動できます。

奈良の薬師寺に来てみました。奈良は古代の日本文化があるので今までにいったこととない薬師寺に行きました。

薬師寺の後は、平城京跡。ここは大仏殿に向かう途中に思い付きで寄ったので予備知識なくいきましたが、とにかく広い。
この朱雀門をくぐって大極殿までめっちゃ遠い。途中電車も通っているし・・・。
まぁいい運動になりました。

宿からの風景ですが、平城京見に行ったので、大仏は何度か見ているのでスキップしました。
さて、モデル3のバッテリーはまだ十分ありますので、ここでイレギュラーが発生しても問題ないですね。
明日は、伊勢に行く予定です。

小銭の手数料が無料なのは郵便貯金でした。

郵便貯金だと、小銭の入金に手数料がかからないとの情報を受け、先週早速、入金しようとしましたが、小学生の頃に作った口座があるらしく、新規作成は不可といわれました・・・。
そこで手帳の再発行を頼んだのが9月2日ですが、それが、来たのが先週の金曜日(二週間かかるといわれていたのが、2日で来ました。)です。
そして今日は、実際に振り込みに行きましたが、9万5千円分の小銭だったのですが、ものの5分で完了。しかも銀行と違いすべて窓口の人が丁寧に対応してくれました。こちらは小銭缶を二つおおきいのですが、それをトートバックにいれて渡したのですが、窓口の人がトートバックから出して、小銭缶から小銭をだして処理するところまですべてやってくれました。
メガ銀行は無料の時でさえ(有料になっても)自分で機械にいれることまでやらなくてはなりません。有料の癖に。どんどん悪化する銀行のシステム(手数料が増えたり手間が増えたり)この人たちは本当に低能な人が多い(窓口の人ではなくシステムを考案する人たち)です。無駄なシステムに投資して、本来必要なシステムを作らずに顧客に無駄を強いる。まぁ数10年以内になくなる仕事でしょうから、その過渡期ということで我慢しますが・・・。銀行の仕事はすべてシステム化できますから、人間は不要です。従って、ゆうちょ銀行みたいな機械ができない部分をサービスするというのが重要なはずです。
ということで、上限が1300万なので、メインバンクには出来ないのですが、へそくり口座としてはよいかと思いました。

年内美里で90を切るのが目標!

美里コースでは前回94を出したので、今回は90を切れることを目標にラウンドしましたが、雨が降り、ライがひどく、雨具を着ているのでスイングが乱れる・・・とまぁ悪条件の中プレーしました。
当然スコアは悪く、前半INコースは乱れました。50という数値を出し、これは久しぶりに90どころか100を超えるのではと思いつつ後半戦は雨が降らなかったので、46で回り何とか96でホールアウトしました。
ゴルフの面白いところは、波があるところで、徐々にスコアが上がるスポーツというよりは、何かしらのきっかけで良くもなったり、悪くもなります。それが天候だったり自分のメンタルだったり。
プロ曰く、状況に合わせてリカバリする力を鍛える。まぁまっすく飛ばなければ真っすぐ飛ばない原因を見つけてその場で直す。最近は右腕が悪さするので、ひっかけやちーぴんが多いです。しかし、右腕が悪さする原因は左足で踏ん張りすぎて、腰の回転が途中で止まっているためで、さらに突き詰めるとアドレスの時にクローズ気味にスタンスをとっているのが原因で・・。もう少しレベルが上がってきたので、何故クローズ気味にスタンスをとっているかというとティーアップの時に目標方向を的確に見据えていなく・・・などなど。実は要因が多すぎるというよりは、最初の判断で間違えているケースが多いのです。この手の話をするとプロが楽しそうに、ティーアップの位置の重要性からすべての一連のプレショットルーチンまでうまくいかないとティーショットは思い通りに打てないとのこと。前述のどれか一つが間違っていてもダメという結構難易度が高い。
シングルプレーヤとはそのすべてを考えて打つことができる人ということらしい。
一ラウンドごとに些細な問題点を洗いながら次につなげるスタイルが定着しつつある今日この頃ですね。

ドライビング・ビジュアライゼーションの改善

バージョン2020.36で日本でDriving Visualization Improvementsが来るそうな。他国でリリースされているリリースノートでJapanとの話なので日本に本当に来るかはわかりませんが、来たらうれしいですね。
テスラのすごいところは、APに任せれば運転のほとんどを車に任せられます。信号で止まるがあれば、あとは、自分でやってもよいくらいです。
インターチェンジや右左折、路駐の車をよけるとか、バイクや自転車の違法なすり抜けに注意する。これくらいのイレギュラーは自分でやりますが後は信号だけやってくれれば十分です。
自動運転がらみは国交省が認めない可能性がありますが、そもそも赤信号で止まるは自動運転というより安全装置だからもしかしたら許可されるのかもしれません。(完全な憶測と願望です。)
日本というガラパゴス諸島でこれができたらうれしいですね。
まぁ期待はしますが信号に関しては国内のどのメーカも実現した(国交省が許可)という話はないので非関税障壁もしくは、トヨタ規制(造語:トヨタが実現しないものはだめという規制)がかかる可能性が高いのも事実ですね。

臨時レッスン

今月でゴルフ6年目に入ります。
5年目の節目でコースレート68.6スロープレート121のコースで90切りを達成しましたので、今日はその報告とスイングの見直しを含めて臨時でレッスンをお願いしました。
最初の90切りは一年以上前の85というスコアですがこれは、コースレート66.7のスロープレート110という簡単なコースでした。この後コンペでチャンピオンコースを回り自分の本当の実力が実はたいしたことないことに気が付き、プロに本当のシングル?(意味不明でしたが)要するにどのようなコースでもシングルプレーヤになりたい!とまぁ無謀なお願いをしたら、コースレート70.9でスロープレート128のコースを紹介してもらい本気で練習しました。最初は100の前半・・・。やっと最近90台。コースがプレーヤを育てる。という名言があるそうで、このコースは本当に鍛えられました。
ドライバーの飛距離は200ヤードから230ヤードまで延び、アイアンの正確性が増し、パーオン率(GIR)も上がりました。意識改革も進みました。簡単なコースは戦略も考えずに打っていましたが難しいコースになると落としどころの重要性やパーオンの難しさがでます。プロから最初に言われたのは100ヤード以内は絶対にオンすること。50ヤード以内はワンピン以内。自粛解除からは150ヤード以内はオンすること、100ヤード以内はワンピン以内とまぁ要求が上がってきましたが、当然のことながら飛距離の基準は9番アイアンで150ヤードであれば、前述の150ヤード以内はオンすることもうなずけますね。ただプロはアイアン200ヤードがワンオンだそうで。。。それもできないと勝てないのはわかります。美里コースのショートホールはレギュラーで230ヤードあります。フルバックで250ヤードここまでくるとプロの意識はすごすぎますね。
そういった話をしながら距離の長いコースでミスショットが目立つ傾向について、メンタルの問題で、技術的には問題ないスイングということを言われました。飛ばそうと考えるとどうしても左足で踏ん張るので腰が回転せずに右腕が先行して左に飛んでいく・・・。距離は出ますがOBでは意味がないのです。これは明らかに飛ばしてやろう精神で、これを直せば80台はコンスタントに出るはず。ということで今日のレッスンは右足軸で腰を回転させる打ち方を練習しました。