2020年3月8日アーカイブ

雨の中の岡部チサン美里コース

さて、今日は雨の中、岡部チサンの美里コースに来ました。雨の日はスコアまとまらないので、今日はスコアよりもコースレイアウトを覚えることに専念しました。

OUT1番ホール

会員になったばかりで、ハンディキャップも持っていないので暫くはバックティーで我慢。まぁそんなにうまいわけではないので、ブルーティーでも十分の難易度です。

バックティーだと、だいたいミドルで430ヤードあります。私の最大飛距離は240ヤードですが、まず、実戦で出たためしが数えるほどしかなく、200ヤードがコンスタントに出ればまぁ十分です。ということは、一打目で200ヤード、2打目で3Wで180ヤード、この飛距離でパーをとるのは難しいのですが、残り、50ヤードでピンそばにつければパーという流れになります。しかし・・・この岡部チサンのグリーンはプロが進めるくらい難しいグリーンです。早さが11フィートで、硬いグリーンなので、ラインどりを間違えると、グリーンの外へ行ってしまうことも多々あり。つまり、狭いグリーンへの乗せ方も考えないと3オンはおろか4オンになってしまうこともあり。という訳でこのコースは結構ハードなので、練習には良いと感じています。

ちなみに、ロングは547ヤード。長いですね。ただ、私の場合、200ヤードドライバーですから、3Wで180ヤードなので、ドライバーで200ヤード、3Wで180ヤード、5Wで170ヤードとうまくいけば、スリーオンが狙えます。ロングは距離の計算上はチャンスホールですが、まぁ上でも書いた通り、グリーンが狭く硬く早いのでユーティリティーでもグリーンは止まりにくいです。従って、確実に狙るなら飛距離伸ばして、アイアンで狙うか、グリーン周りまでもっていって、ウェッジでピンそばとかトンなイメージですね。このコースはボギーセーブワンパット狙いが私のセオリーになりそうですが、そもそも平均2.5パットですから・・・。ボギーデフォルト、ダボ悲劇。トリプルは絶対なしというところですね。

このホールショートで228ヤードとか、そうなんですよ、ドライバーでも届かないショート。笑えますね。さすがにドライバーではグリーンは絶対に止まらないので、このホールは3Wでグリーン前の花道に落として、ウェッジで乗せてパー狙いですが、このホールのグリーンはむずいです。3パットしてしまいました。。。

課題は、練習場と同じ飛距離を出すこと。練習場ではコンスタントに230から240は出るので、プロに言われた通り、本番のティーグランドの滑りやすさで腕の力を抜く癖を治して、足腰の柔軟性で打つこと。
アプローチはグリーンエッジからピンまでの距離を見てどこに落とすかを決めること。ピンを直接狙ってはいけないことまた、オーバーしてはダメ。
グリーンはグリーンに上る前に傾斜を把握してから素早くラインどりをすること。とか
上げると結構あるんですけどね。これ